スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭洗弁天ツーリング

鎌倉観光のひとつ、以前から行こうと思っていた銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)に行ってきました。
べ、別に金運アップが目的なんじゃないんだからねっ!

銭洗弁天への経路は鎌倉駅方面からではなく、源氏山公園側から山越えをしてきました。勾配がきついので、かなりの覚悟が必要です。車載動画の再挑戦をしてみました。風切音対策をしていないので音量小さめがオススメです。





駐車場はそれなりに広いスペースでした。10台くらいは停められるかな。1台は社務所専用。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)  駐車場

銭洗弁財天宇賀福神社の入り口です。洞窟を抜けると境内です。
写真の時刻は10:49ですが、カメラの時計が1時間早まっていたので実際は9:49です。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)  鳥居

洞窟はこんな感じ。洞窟内には蛍光灯があったので歩くには不便しません。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)  通路

洞窟を抜けると鳥居がたくさん。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

その右側にはおなじみ、お清め。手順って結構複雑ですよね。
1.ひしゃくを右手で持ち、貯めてある水をひしゃくですくう。
2.ひしゃくの水で左手を洗い清める。
3.ひしゃくを左手に持ち替え、その水で右手を洗い清める。
4.ひしゃくを右手に持ち替え、ひしゃくの水を左手にためる。
5.左手にたまった水を口に含み清める。すすいだ水を溝に流す。(飲んじゃダメだよ!)
6.ひしゃくを垂直にたて、残した水をつたわせながら、 ひしゃくを清める。
7.ひしゃくをもとのところに置く。
妻に教えたら実は知らなかったそうです。次からはできるようになるといいね!
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

境内の様子です。10時前でしたが、参拝客がそれなりに多くみられました。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)  境内

参拝セットです。ろうそくと線香とザルです。ろうそく線香セットで100円也。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)  参拝セット

ろうそくに火を灯し
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

線香に火をつけて入れようとしたら
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

燃えてました。まあ、よくあることですよね。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

肝心の本丸はと言うと、結構人がいました。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

ザルに硬貨全種類666円分入れて、
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

洗います。洗っている最中の写真取り忘れちゃった。(画像はイメージです)
正直何回洗えばいいのかわかりません。
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

神社にきたらおみくじ。引いたら私も妻も中吉でした。高いところに結んで一件落着!
銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)

10時30分には参拝客が最初のお清めに行列を作るほどでした。行くなら10時前くらい、早い時間が待たずに済むようです。ゴールデンウィークということもあり、特別人が多かったのかもしれません。ちなみに洗ったお金はとっておかずに有意義に使ったほうが良いとのことです。何も考えずにお金を使う人には金運が向かない、という意味なのかもしれません。金は天下の回り物、自分に投資すれば何倍にもなって返ってくる、ということなのかもしれません。
関連記事

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
プロフィール

無糖ブラック

Author:無糖ブラック
傭兵プログラマ。コーヒーカップを片手に仕事をしています。
珈琲大好き。インスタントはエクセラ。コーヒーは無糖ブラックアメリカンを1日5杯以上。
麺類大好き。旅先ではご当地ラーメンを食べるのが楽しみ。
お酒大好き。旅先で珍しい焼酎を見つけるとつい買っちゃう。通販では買わない。
煙草大嫌い。禁煙席の常連。


今日までの走行距離
km
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。