FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアサスオーバーホールに着手、ついでにタイヤもね!

先日(2012年7月22日)、リアサスのオーバーホールをするためレッドバロンに預けましたが、結局冬まで持ち越すことになった件を着手しました。(「2012-07-30 バイクは退院したけど完治せず」参照)

さらに、購入時に履いていたタイヤ(ダンロップ ArrowMax GT501)も、あまりのグリップ力の無さに不安を覚えましたため、交換することにしました。交換後のタイヤはグリップ力とコスパを両立させるためBT-45(ブリヂストン)にしました。いつかは交換したいと思いながら乗っていましたが、リアサスオーバーホールとともに思い切ってやることにしました。これが終われば足回りは一安心です。

購入の際、レッドバロンで聞いた話によれば、前オーナーは引越を契機にあまり乗らなくなってしまい、売却までの間、JADEを倉庫で眠らせていたようです。そのためか、タイヤの各所にひび割れが散見されていました。バイクの放置プレイはタイヤを劣化させますからね。

JADEのリアサスオーバーホールのためレッドバロンへ預けたのが11月17日、この度、費用の詳細が判明しましたので公開します。なお、預けてからちょうど1ヶ月が経ちましたが、作業はまだ完了していません。

リアサスオーバーホール
\37,000-
技術料
\2,800-
フロントタイヤ
\7,350-
リアタイヤ\10,890-
技術料
\7,550-

小計(税抜き)
\65,590-
消費税
\3,270-

合計
\68,860-

JADEのリアサスは特殊な非分解タイプなので通常は分解できません。プロジェクトサイエンスのサイトを確認すると、分解可能にする施工も可能とのことです。もちろん追加費用が発生します。今回のオーバーホールは分解・清掃のみで、分解可能にする追加加工はしません。本当は追加加工もしたほうが今後のことを考えると良いのかもしれませんが、これ以上費用をかけるわけにはいきません。

最終的にどのくらい費用がかかったのでしょうか?レッドバロンの営業さんに聞いたところ、作業が完了していないので費用が確定していないそうです。リアサスの状態としては最悪そのものですので、そもそも見積もりできていないのか?これよりも多くかかる可能性もありますが、オーバーした分はレッドバロンで面倒を見てくれるそうです。

さて、今回の代車はHONDA AX-1です。JADEよりも前に作られたバイクです。初期型は1987年に作られたようですよ(HONDA JADE初期型は1991年)。実は生まれてこのかた、OFF車に乗ったことがありません。OFF車ってシート高が高いというイメージがあるのですが、AX-1に限って言えばシート高がOFF車の割に低めなので足つきが良いです。

シート高を比べてみましょう。
HONDA JADE:780mm
HONDA AX-1:810mm
たった3cmだけ高い程度です。

最初はライディングスタイル(姿勢)の違いに戸惑いましたが、すぐに慣れました。でもね、代車を借りて1ヶ月経ちましたが、レビューできるほど乗れてません。まだ3回くらいしか乗ってないよ。
DSC_0035.jpg
関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
プロフィール

無糖ブラック

Author:無糖ブラック
傭兵プログラマ。コーヒーカップを片手に仕事をしています。
珈琲大好き。インスタントはエクセラ。コーヒーは無糖ブラックアメリカンを1日5杯以上。
麺類大好き。旅先ではご当地ラーメンを食べるのが楽しみ。
お酒大好き。旅先で珍しい焼酎を見つけるとつい買っちゃう。通販では買わない。
煙草大嫌い。禁煙席の常連。


今日までの走行距離
km
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。