FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーン清掃の効果

チェーンのメンテナンスを怠ると燃費が劣化すると聞きます。果たしてどれくらいなんでしょうか。定量的に判定するにはチェーンのコンディションが悪い状態と、改善した状態で、満タン法により計測するのがいいのでしょう。しかし、手っ取り早く、感覚的に燃費が変化する様子を調べられないものか。そこで、ちょっとした実験をしてみました。

■チェーンの油分が駆動に与える影響
チェーン清掃をする過程で、チェーンの油分が駆動に与える影響を実験してみました。

チェーンに付着した油分を全て除去した状態で1速~6速でアイドリング
1速から5速の場合、時折駆動が不安定になりますが、なんとかエンジンは動き続けます。
ところが6速にしてからしばらくすると、ガガガッという音とともにチェーンが挙動不安定になり、エンジンが停止します。

チェーンルブを添加した状態で1速~6速でアイドリング
6速のときに見せた不安定な挙動は一切無くなりました。動作が滑らかになったようです。

この違いは何か?
油分が全く無い状態では、駆動における抵抗が増すため、ギヤ比が高い6速では、駆動し続けるトルクを得られないため、エンジンが停止したと考えられます。一方、チェーンルブを添加した場合、油分が駆動における抵抗を下げ、チェーンの回転運動をスムーズにします。この結果は当たり前のことかもしれませんが、チェーンのコンディションはエンジンのコンディションに直結する、とも言えるのではないでしょうか。

■実際に走行してみて...
実際に走行してみました。フィーリングがかなり変わりました。

初速におけるトルク感の違い
チェーンのコンディションが悪いときはスタート時のトルク感が細いと感じました。一方、コンディションを改善すると、トルク感が向上したように感じました。また、加速もスムーズになりました。

6速巡航時の伸び
6速巡航時の伸びが良くなったように思います。チェーンのコンディションが悪いときにはエンジンブレーキが強すぎるくらいに減速していました。しかし、チェーンのコンディションを改善すると、スロットルを閉じてもスーっと走り続けます。

■燃費向上の期待感
実感結果やフィーリングだけをとれば、燃費があがりそうな感じはします。しかし、燃費の計測は同じような条件で比較しないと、意味がありません。次回はこれまで計測した燃費のデータと比較した結果を紹介する予定です。
関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
プロフィール

無糖ブラック

Author:無糖ブラック
傭兵プログラマ。コーヒーカップを片手に仕事をしています。
珈琲大好き。インスタントはエクセラ。コーヒーは無糖ブラックアメリカンを1日5杯以上。
麺類大好き。旅先ではご当地ラーメンを食べるのが楽しみ。
お酒大好き。旅先で珍しい焼酎を見つけるとつい買っちゃう。通販では買わない。
煙草大嫌い。禁煙席の常連。


今日までの走行距離
km
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。